紅茶・緑茶のおいしい淹れ方

紅茶の淹れ方

紅茶の命は味と香りと水色。そのどれもが満足いくようなおいしい淹れ方です

What you need

水色(紅茶の色)が楽しめるティーカップ

農薬を使わずに育てた紅茶は濃いオレンジ色、インド産のダージリン紅茶は淡いオレンジ色に抽出されたとき最もおいしい紅茶になっています。ですから、色の濃いティ-カップより水色が楽しめる白系統のティーカップがおすすめです。

リーフで入れるなら丸型のティーポットで

ティーポットに茶葉を入れ熱湯を注いで蒸らし始めると上へ下へと「ジャンピング」という茶葉に含まれる香りや味が抽出される大切な動きをします。この動きが最も起きやすいのが丸型のポットです。ガラスのポットで「ジャンピング」の様子を眺めて待つのも楽しいものです。

お水は意外にも水道水で十分

香りや渋みを引き出してくれるのは、実はミネラル分をあまり含んでいない水です。市販のミネラルウォーターは硬水のものが多く、紅茶には適しません。また沸かし直しの水も空気が抜けてしまっていてポットの中で対流が起きず、茶葉の成分を引き出す力がありません。意外なようですが、水道の蛇口からくみたてのたっぷり空気を含んだ水が紅茶には最適なのです。

リーフティーの場合

  1. ティーポットとティーカップを熱湯で温める
  2. ティーポットのお湯を捨て、茶葉を入れます。ティースプーンに一杯弱、約3gが一人分の目安です。
  3. お湯の温度が下がらないうちに、熱湯を一気にポットに注ぎます。
  4. ジャンピングタイムにじっくり蒸らします。
    農薬を使わずに育てた紅茶は早めに2分半分、ダージリン紅茶は3分。 ポットが冷めないようにティーコジー(布製の保温カバー)をかぶせておくのもおいしさを引き出す心遣いです。
  5. 蒸らし終わったらふたを開けて、スプーンで2~3回茶葉を混ぜ成分を均一にします。
  6. ティーストレーナー(茶漉し)を使ってカップに注げばできあがり。 ベストドロップスと呼ばれる最後の一滴まで注いでお楽しみください。

ティーバッグの場合

  1. 一人に1バッグご用意を。
  2. お湯の温度が下がらないうちに、熱湯を一気にポットに注ぎます。
  3. 蒸らし時間は少なめに。ティーバッグの茶葉は小さめになっていますので、リーフより早めに香りや味が抽出できます。
    農薬を使わずに育てた紅茶は1分、ダージリン紅茶は1分~2分くらい。ただしカップで蒸らすときは、必ずお皿などを利用してふたをしてください。せっかくの香りが逃げてしまいます。
  4. お好みの濃さでお楽しみください。蒸らし時間によって濃さが変わるため、用意されたお菓子に合わせて濃さを変えてみるのもおいしい心遣いです。

ミルクティーの場合

  1. ミルクパン(片手鍋)に200ccの水を入れ火にかけます。
  2. 水の中に茶葉10gを入れ、中火にします。
  3. 沸騰したら弱火にしましょう。茶葉が吹き上がってもあわてず、茶葉がきれいに開くまでじっくりに立てます。
  4. 茶葉が開いたら、牛乳160ccを注ぎいれ、沸騰直前で火を止めます。
  5. カップに注ぐときはティーストレーナー(茶漉し)を使ってください。好みにもよりますが、少し砂糖を加えると、まろやかな味になります。

日常茶の淹れ方

それぞれの茶葉が醸し出す”香り”や成分を熱湯で一気に引き出しましょう。

What you need

やかんが大活躍

やかんで直接お茶を煎じても良し、急須やティーポットに茶葉を入れ熱湯を注いでもOKです。お茶は沸騰したてのお湯でいれたいのでやかんはご用意ください。

お茶碗は大きめがおいしい

からだに効くお茶は、毎日たくさんのみたいので大きめで厚手の湯飲みやマグカップがいいでしょう。

ティーバッグの場合

  1. 水1リットルをやかんに入れ沸騰させます。
  2. 沸騰したら茶葉を入れます。
    茶葉の量はそれぞれのお茶の外装にかかれた”作り方”を参考にしてください。
    一般的には一人分約3g(ティースプーン山盛り一杯半)で、5~6人分なら15g(ティースプーン山盛り八杯)です。
  3. 弱火で2~3分煮出します。
  4. 急須やティーポットをご利用の場合は、熱湯を注いで1~2分蒸らします。
    作り置きされる場合は、茶葉を取り出しておいてください。
  5. 二つ以上のお茶碗に注ぎ分けるときは、お茶の濃さが均一になるように少しずつ注いでいき、最後の一滴まで注ぎきってください。

緑茶の淹れ方

緑茶の味わいである”香・甘・苦・渋”の好みのバランスはお茶の色で見極めること

What you need

お気に入りの急須とお茶碗

急須の選び方でも微妙にお茶の味が左右されます。丸みを帯びた急須のほうが、お湯の対流で茶葉の旨みが引き出されやすいのです。

お水は市販の名水より水道水で

ペットボトルで売られている水の多くは硬水でカルシウムがたくさん含まれているため、お茶のタンニン(渋み)が溶け出すのを妨げてしまいます。その点、軟水で空気も含んだ水道水のほうが、緑茶に適しています。
水道水をさらにおいしい水にするには、カルキ臭や赤さびなどを取り除く浄水器を利用するといいでしょう。一度沸かしてもカルキ臭は取り除けますが、沸かし過ぎや沸かし直しは空気が抜けてしまいますので禁物です。
また、セラミック製のものを水の中に入れて置くだけでも、水中の重金属が吸着されておいしい水に変わります。

緑茶を淹れるポイント

お湯の温度はお好みの味で変えましょう。
必ず冷ましたお湯でいれていただきたいのは玉露だけ。緑茶は飲む人のお好みしだいでお湯の温度が違います。
80度以上の熱湯でいれると、渋み成分のカテキン(タンニン)が溶け出てきりっとした味になり香りも豊かです。
一方、70度くらいの少し冷ましたお湯でいれると、カテキンが抑えられ、変わって甘み成分のテアニンやアミノ酸が多く抽出されまろやかな味になります。

緑茶の淹れ方

  1. 熱湯で急須とお茶碗を温めておきます。
  2. 急須のお湯を捨て、人数分の茶葉(一人約3g:ティースプーンなら山盛り一杯)をいれます。
  3. 渋みを楽しみたいなら熱湯を、甘みを出したいときには少し冷ましたお湯を用います。
  4. 30秒ほど蒸らすとかるい渋みの香り高いお茶になり、1分以上ゆっくり待つと苦味の利いた濃いお茶になります。
  5. 温めておいたお湯を捨て、お茶を注ぎます。二つ以上のお茶碗に注ぎ分けるときは、お茶の濃さが均一になるように少しずつ注いでいき、最後の一滴まで注ぎきってください。

ページの先頭へ戻る